フランス・ブルターニュ地方の素敵な港町Audierne(オーディエルヌ)とお勧めクレープリー

IMG_1321.JPG


ブルターニュの外れの小さな港町オーディエルヌ



毎年夏のヴァカンスは我が家の別荘のあるブルターニュ、
Audierne(オーディエルヌ)へ行きます。
Audierne(オーディエルヌ)は人口4000人に満たない小さな町です。日本ではガイドブックにも載らないほど知名度は低いですが、毎年夏のヴァカンスシーズンにはヨーロッパ各地から多くの観光客が訪れる人気のスポットの一つなんですよ^ ^
それは下の写真を見ればすぐに納得できるはず!

私の住む南仏の地中海とはまた違った深く青い海!

20.july.2012 052.JPG


毎回行く度にうっとりとする街中に溢れる花々…

IMG_7153.JPG


至る所にある石造りの家…

IMG_7408.JPG



ブルターニュと言えばクレープ!



IMG_1387.JPG


ブルターニュと言えばゲランドの塩、タラソテラピー発祥の地としても知られていますよね。
あとはゲランドの塩入りバター、そのバターを使った塩キャラメルやガレット・ブルトンヌ、林檎のシードルなどなど、美味しいものもたくさん。
でも絶対外せないのがクレープ!!

日本では蕎麦粉のガレットと呼ばれたりもしますが、甘いのもしょっぱいのもフランスではクレープと呼び、クレープ専門のレストランをCrêperie(クレープリー)と呼びます。当然ブルターニュには至る所にクレープリーがあり、もちろんオーディエルヌも小さい町ですがクレープリーは数件あります!

その数件の中で我が家の全員がお気に入りのクレープリーがCrêperie Ty Clec'h
港の通り沿いにある比較的新しいクレープリーなのですが、ここはオーディエルヌだけでなくブルターニュの中でも評判の高いクレープリーなんですよ。

私のお気に入りは上の写真のサーモン&エメンタールチーズ。クレープリーがカリカリとしていてものすごく美味しい!!
毎回行く度同じものを注文してしまいます^ ^;

デザート用の甘いクレープはやっぱりポム・キャラメル!ソテーした林檎に塩バターキャラメルソースがかかっている、まさにブルターニュの名物丸ごと!という感じのクレープです^ ^

ちなみにクレープリーでは初めに蕎麦粉のクレープや飲み物を注文し、それが終わるとデザートはいかがですか?と勧められるので、そこで甘いクレープやデザートを注文します。
蕎麦粉のクレープはメニューのBlé noirというところにあって、どこのクレープリーでも追加オプションで色々加えることが出来るようになっています。

DSC00897.JPG


私のお勧めクレープリーのTy Clec'hは美味しいだけでなくて店内の内装もとっても素敵なんですよ。ただし夏のヴァカンス中は常に混んでいるので、確実に食べたければ電話予約または直接お店に行って事前に予約することをお勧めします!
またこの記事の最後にリンクを貼りますが、このクレープリーで食べた時の動画をyoutubeにアップしているので是非そちらもチェックしてみてくださいね^ ^




Crêperie Ty Clec'h
5 Rue de la Liberté,
29770 Audierne
TEL 02 98 10 58 39






教会の前にあるもう一つのお勧めクレープリー



IMG_7407.JPG


せっかくなのでもう一つのお気に入りクレープリーもご紹介。
オーディエルヌから車で10分ほど、Pont-Croix(ポン・クロワ)にある
Crêperie l'Epoke(クレープリー・レポケ)
こちらはLa Collégiale Notre-Dame-de-Roscudonノートルダム・ド・ロスコドン教会の目の前にあるクレープリーで真っ赤な窓枠と看板が目印。
こちらのクレープもパリッとしていて美味しい!

IMG_7398.JPG


とても小さなクレープリーなのでテラス席はごくわずか、しかも比較的まとまった人数向け。
テラス席で食べたければ事前に電話確認、予約することをお勧めします。




Crêperie l'Epoke
1 Rue des Partisans
29790 Pont-Croix
TEL 02 98 70 58 39






美しい教会が至る所に…



IMG_2465.JPG


上で紹介したクレープリーの前にあるLa Collégiale Notre-Dame-de-Roscudon(ノートルダム・ド・ロスコドン教会)は13世紀に建築された教会で、教会内部には16世紀に彫刻された木製オルガンが置かれ、17世紀に描かれたロザリオ祭壇など非常に歴史的価値のある教会のひとつです。

またブルターニュはフランスの他のエリアと比較してカトリックが多い地域のひとつで、その為どんなに小さな集落にも教会や礼拝堂があり、それぞれ非常に古い歴史を持った建造物であることが多いので、至る所で美しい教会を見ることが出来ます。

もちろんオーディエルヌにも
Église Saint-Joseph(聖ジョセフ教会)
という教会があります。
Église Saint-Joseph(聖ジョセフ教会)は17世紀に建造されたイタリア風の建物になっていて町の外れからでもよく見えるほど高さがあります。


行ってみないと分からない深い魅力…



IMG_2496.JPG


ブルターニュに滞在中は周辺の小さな村や街へ散歩に出かけるのですが、本当にどこも素敵。パリのように洗練された雰囲気はないし、観光スポットが密集しているわけではないので数日で色々見て回ることは難しいかも知れませんが、日本の魅力のすべてが東京や京都にあるわけではないのと同じで、地方には地方の良さがあります。
その中でもブルターニュは街も人もあたたかみがあって心が和むところです。パリからなら南仏よりも全然近いし、もし夏場に訪れる機会があれば強くお勧めしたいです。

写真では伝わりにくいブルターニュ・オーディエルヌの魅力を動画にしたので、良かったら観てくださいね。
また楽しんでもらえたら動画のいいねもして頂けると嬉しいです!!!

Part1→ 【HD】My summer holidays in Audierne | Bretagne | FRANCE | 2017 | Ver. grey sky...
Part2→ 【HD】My summer holidays in Audierne/ Esquibien | Bretagne | FRANCE | 2017 | Ver. Beautiful sky!



にほんブログ村 海外生活ブログ 南フランス情報へ



この記事へのコメント