絶対訪れたい!南仏Valensole(ヴァランソル)の絶景ラヴェンダー畑

IMG_2015.JPG


ラヴェンダーの海!夢のような光景が広がるヴァランソル



プロヴァンスと言えばラヴェンダーを思い浮かべる人は多いと思います。
有名どころではセナンク修道院ラヴェンダー畑がありますが、個人的にお勧めなのが

Valensole(ヴァランソル)のラヴェンダー畑

ヴァランソルは人口3000人ちょっとの小さな町ですが、それとは裏腹に一つの自治体としての領土はフランス最大。その広大な領地ではラヴェンダーだけでなくオリーブの栽培も盛んに行われています。
そして毎年ラヴェンダーの季節となるとヴァランソルのラヴェンダー畑にフランス国内だけでなく世界各国から観光客が訪れます!ご覧の通り正に見渡す限り広がるラヴェンダーは圧巻!!

IMG_2051.JPG



ラヴェンダー畑は一つじゃない!



実はヴァランソルには大小いくつものラベンダー畑が無数にあるんです。車で走っているとあちこちにあるのですが、当然大きな畑やお土産ショップなどが併設されているところはシーズン中観光客がたくさんでツアー客を乗せたバスなどもやってきます。

注意!
ラヴェンダー畑を見に来た観光客を狙った車上荒らしが毎年報告されています!
ほんの少しだからと思わずに、貴重品は絶対に車に残さず、残す荷物も助手席や後部座席には置かずに必ずトランクに片づけましょう。
そして取り外しの出来るタイプのGPSも面倒でも一旦外して、人目に付かないダッシュボードに片づけるなどして下さい。


IMG_2060.JPG


畑の中に入ってもOKなところもありますが、ダメなところもあるので気を付けてください。
また畑の中まで入っていかなくても、ラヴェンダーの株は一定の間隔を開けて植えてあるので、ラヴェンダーの列と列の間にちょっと入るだけで素敵な写真が撮れますよ^ ^
付近はそのラヴェンダーの花の蜜を集めに来ている蜂の羽音がブンブン聞こえます^ ^;
もちろん蜜集めに必死なので何もしなければ刺したりはしませんが気を付けてくださいね。


年に一度のラヴェンダー祭り!



ラヴェンダーは毎年6月から7月の中旬頃に行われるラヴェンダー祭りまでが見頃です。もちろんすべてのラヴェンダーを一気に刈るわけではないので、それを過ぎてもラヴェンダーは見ることが出来ますが、せっかく見るならやはりラヴェンダー祭りの前までに見たいですね^ ^

ラヴェンダー祭りはラヴェンダーの刈り取り、蒸留などが行われ無料で参加することが出来ます。
またラヴェンダーに関する製品の販売、職人による手作りの工芸品や地元産の食品などの直販も行われます。
その年によって日にちと内容が変わるので事前に調べてから行くことをお勧めします。
ツアーでない限り車でしか行くことが出来ないのでレンタカーなどが必要ですが、プロヴァンスを訪れるなら是非一度は訪れたいところです。私もほぼ毎年行っていますよ!


"La Vallée du Soleil"太陽の谷の恵み



IMG_2110.JPG


Valensole(ヴァランソル)という名前は元々La Vallée du Soleil(太陽の谷の恵み)が語源となっていて、地中海性気候で常に太陽の光が降り注ぐこの小さな町では、ラヴェンダーだけでなくオリーブオイルの生産や蜂蜜の採取も盛んです。
そんなヴァランソルの太陽の恵みを味わいたいのならお勧めなのがヴァランソルにあるCouleurs Paysannes。

このCouleurs Paysannesは地元製品のみを取り扱うスーパーマーケットで、地元産の野菜から加工食品、お菓子まで普通のスーパー並みの品揃え。しかも生産者の名前や顔写真なども紹介している地域超密着型のお店で安心して買い物が出来ます。
お値段も比較的リーズナブルなものが多く、ヴァランソル店の他にもプロヴァンスに数店舗展開しています。
特にヴァランソル店は高速を降りてラヴェンダー畑へ向かう道の手前にあるので利用しやすいです。我が家も毎回オリーブオイルや蜂蜜だけでなく果物なども買ってきますよ。

他にもこのスーパーだけでなく、シーズン中は道沿いなどに仮設の販売所があって生産者が直販していることもあるので、見つけたら是非利用してみてくださいね!

写真だけでは伝わらないヴァランソルのラヴェンダー畑の動画も作ったので良かった観て下さいね。
また楽しんでもらえたら動画へのいいねもして頂けると嬉しいです!
→ 【HD】LAVENDER fields in Valensole | Alpes-de-Haute-Provence | FRANCE | 2017



にほんブログ村 海外生活ブログ 南フランス情報へ



この記事へのコメント